東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

西武・メトロ直通の座席指定列車 3月25日に開始

写真

 西武鉄道などは十日、三月二十五日から走らせる地下鉄直通の座席指定車について、ダイヤと停車駅を発表した。愛称は「S−TRAIN」(エストレイン)と決めた。座席指定車の地下鉄直通は、小田急のロマンスカーが千代田線に乗り入れたのに続き二例目となる。

 平日は所沢(埼玉県)と東京メトロ有楽町線の豊洲(江東区)を結ぶ。池袋にはとまらない。休日は西武秩父(埼玉県)から、東京メトロ副都心線、東急東横線を経由して、元町・中華街(横浜市)との間を往復する。一日五〜七便が設定される。

 着席通勤の流れが埼玉西部エリアにも広がり、たとえば銀座の夜を楽しんだ後、有楽町発午後十一時七分発の列車に乗れば、所沢に零時一分に到着する。ただし運賃に加え、五百十円の指定券が必要だ。

 車両は、座席を九〇度回転できる新型。S−TRAINとして使う時は、座席を進行方向に向け、一般の列車に使う時は長いす型の配置にする。

 地元の要望を受け、日中は急行が止まらない保谷駅(西東京市)に停車するのも注目される。西武鉄道では「利用動向をみながら、今後ダイヤや停車駅を見直すこともある」と話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by