東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

女性の住所を不正閲覧疑い 元中野区臨時職員を再逮捕

 東京都中野区役所のシステムを不正に使い女性の住所などを閲覧したとして、警視庁は十一日、住居侵入と区個人情報保護条例違反の疑いで、元区臨時職員高橋健一郎容疑者(29)=中野区中野五、強制わいせつなどの罪で起訴=を再逮捕した。黙秘しているという。警視庁は、わいせつ目的で個人情報を入手した可能性もあるとみて調べている。

 再逮捕容疑では二〇一四年十月〜一五年十一月、区内のマンション三階で、二十代女性宅のベランダに三回侵入。最初に侵入した後、昨年三月までに三回、区の住民情報基盤システムで、この女性の住所や名前などを閲覧したとされる。

 捜査一課によると、高橋容疑者は一四年十月から計約一年間、区役所の業務でこのシステムを使っていた。一四年三月〜昨年四月に別の女性五人の部屋で住居侵入やわいせつ行為を繰り返したとして逮捕、起訴された。うち三人についても、事件後に住所などをシステムで閲覧した記録が残っているという。

 自宅から押収されたパソコンや手書きのメモに数十人分の女性の個人情報があり、一課は入手方法や目的を調べている。

 中野区の田中大輔区長は「心からおわび申し上げます。区としても事実関係を調査し、厳正に対応します」と文書でコメントした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by