東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

人の細胞持つブタ作製 受精卵にiPS注入

写真

 【ワシントン=共同】人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)をブタの受精卵に注入し、人の細胞が交ざったブタの胎児を作ることに初めて成功したと米ソーク研究所などのチームが二十六日、米科学誌セルに発表した。

 将来的にブタの体内で人の臓器を作り、人に移植する再生医療につなげることを目指す技術だが、倫理的に問題だとする指摘も根強い。

 チームは人の皮膚から作ったiPS細胞を、千四百六十六個のブタの受精卵に注入し、四十一匹のブタの子宮に戻した。百八十六個の受精卵が最長四週間育って胎児となり、うち六十七匹が人の細胞を持っていることを確認した。

 ただ人の細胞が含まれる割合は、ブタの細胞十万個に対して一個以下と少なかった。注入するiPS細胞は、やや分化の進んだタイプのものが成功率が高かったという。

 日本では人のiPS細胞を動物の受精卵に注入することは認められているが、それを子宮に戻す実験は禁止されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報