東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

将棋連盟理事3人解任 ソフト騒動対応「不満大きかった」

臨時棋士総会に臨む佐藤康光会長(右から3人目)ら。数多くの棋士や女流棋士が詰め掛けた=東京都渋谷区の将棋会館で

写真

 日本将棋連盟は二十七日、東京都渋谷区の将棋会館などで臨時棋士総会を開き、棋士や女流棋士による投票で、青野照市(てるいち)専務理事(64)ら理事三人の解任を決めた。三浦弘行九段(43)が将棋ソフトの不正使用疑惑をかけられた騒動への対応をめぐり、理事五人の解任を求める請求が出ていた。二人は留任となった。

 青野専務理事のほかに解任されたのは中川大輔常務理事(48)と片上大輔常務理事(35)。一連の騒動では、既に前会長の谷川浩司九段(54)と常務理事だった島朗(あきら)九段(54)が引責辞任している。それでも執行部への批判はやまず、当時の常勤理事八人のうち五人が辞任する異例の事態となった。

 総会後、記者会見した佐藤康光会長(47)は「それだけ不満が大きかったということ。会員(棋士)の総意として受け止め、前に向かって進んでいきたい」と苦渋の表情を浮かべた。理事の後任は、補充の有無も含めてどう対応するか未定といい、想定外の解任だったことをうかがわせた。

 三浦九段は昨年十月、不正を疑われ、挑戦者に決まっていた竜王戦七番勝負への出場を取り消された。昨年末、第三者委員会による調査で不正の証拠はないと認められ、疑惑が晴れた。今月六日、棋士二十八人が連名で「棋士の立場を守らなかった」「連盟の信用を大きく損ねた」などと理事五人の解任を求めていた。 (樋口薫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by