東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

どこでも映画館 低予算作品をネットで配信

試験上映会で来場者にポップコーンの仕組みについて説明するナカムラさん(右)=東京都江東区で

写真

 カフェや居酒屋、河川敷、プールサイドだって。インターネットによる映像配信で、ちょっとした人の集まる場所ならどこでも映画館にしてしまおうという「マイクロシアター」を東京都内の若手経営者2人が始めた。上映場所の確保に悩む低予算映画の製作者と、知られざる名作映画を多くの人たちと楽しみたいと思うファンとをつなぐ新たな上映システムだ。 (神谷円香)

 昨年十二月、東京・清澄白河のビルの一室で観客十人の映画会が開かれた。上映作品は、二〇一四年公開の「サンタ・カンパニー」(糸曽賢志総監督)。クリスマスプレゼントを世界中に届ける会社で、見習いで働く子どもたちがイブの日に奮闘する姿を描く。ネットで資金を募るクラウドファンディングを使って製作した三十分の短編映画だ。

 求人サイト「日本仕事百貨」を運営するナカムラケンタさん(37)と、映画など芸術活動に必要な資金を募るクラウドファンディング「MotionGallery(モーションギャラリー)」を運営する大高健志さん(33)が企画した。「誰もが手軽に映画を上映できる」ことを目指す新プロジェクト「popcorn(ポップコーン)」の試験イベントだった。二人はプロジェクトのために昨年七月、株式会社「ポップコーンシアター」を設立した。

 新潟・佐渡島から来たウェブ制作業沢田敏之さん(39)は「島には映画館がない。これなら自宅の納屋や屋外でも上映会が開ける」と話した。

 ポップコーンは、製作者からいったん無料で提供してもらった作品データを、上映会場にネットで配信する。データの利用料は固定ではなく「観客が一人あるごとにいくら」とする。ポップコーンは、そこから一部手数料を差し引き、残りを製作者に支払う。上映会の主催者は、もし、観客ゼロなら利用料は一円も払わなくて済む。製作者を探して条件について交渉する手間も省けるから手軽だ。

 試験運用している現在、上映可能な作品は約三十ある。各地での上映会を本格的に始める四月からは、作品数も大幅に増える見込みだ。製作者や映画を上映したい人たちなどの交流拠点をつくるため、三十日まで「モーションギャラリー」のサイトでクラウドファンディングも実施中だ。

 大高さんは「予算の少ない映画は上映館も上映期間も少なかった。作品自体の寿命を延ばし、映画の鑑賞人口が広がれば」と意気込む。上映希望などの問い合わせは公式ホームページから。

写真

◆減る映画館 選別厳しく

 日本映画製作者連盟と一般社団法人コミュニティシネマセンターの資料によると、一九九三年に千四百館以上あった全国の映画館は、二〇一五年は約六百館に減った。

 大手興行会社が、一つの施設に複数のスクリーンを持つ「シネマコンプレックス」(シネコン・五スクリーン以上)への集約を進めているためだ。独立系のミニシアターは、二〇〇〇年代に入り約百二十館で横ばいが続く。

 映画の製作本数は増え、邦画・洋画を合わせた公開作品は〇三年が六百二十二本、一三年に千本を超え、昨年は千百四十九本に達した。デジタル技術の進化で撮影機材が使いやすくなり、低予算映画が増えたことが要因の一つとされる。シネコンで扱う作品は宣伝にお金をかけた大作が中心であるため、上映機会に恵まれない作品が増えている。

【配信を予定する主な作品】

★「マンガをはみだした男 赤塚不二夫」

 (冨永昌敬監督、2016年)

国民的漫画家・赤塚不二夫の生涯をアニメーションを軸に秘蔵写真などでたどる

★「祖谷物語−おくのひと−」

 (蔦哲一朗監督、13年)

東京から自然豊かな村に来た青年が自然との共生や文明社会の在り方を考えていく物語

★「モバイルハウスのつくりかた」

 (本田孝義監督、11年)

家や都市の在り方を根本的に考える「建てない」建築家・坂口恭平さんを描く

★「日本と原発」

 (河合弘之監督、15年)

監督の弁護士らが東京電力福島第一原発事故の被災者らの声を集めたドキュメンタリー

★「ハーメルン」

 (坪川拓史監督、13年)

廃校になった小学校の解体前に、元教師らが懐かしい思い出をよみがえらせていく物語

★「シンプル・シモン」

 (アンドレアス・エーマン監督、10年)

アスペルガー症候群の男性が兄のために恋人を探す、スウェーデン作のラブコメディー

★「フランシス・ハ」

 (ノア・バームバック監督、12年)

ニューヨークの見習いダンサーが人生を見つめ直して歩きだす、心が軽くなる米映画

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by