東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ミナミ2人刺殺 二審は無期判決 裁判員裁判の死刑破棄

 大阪の繁華街・ミナミで二〇一二年、通行人二人を無差別に刺殺したとして殺人と銃刀法違反の罪に問われた無職礒飛(いそひ)京三被告(41)の控訴審判決で、大阪高裁は九日、裁判員裁判で審理された一審大阪地裁の死刑判決を破棄、無期懲役を言い渡した。

 中川博之裁判長は被告の完全責任能力を認め、「基本的には身勝手で自己中心的な犯行だが、計画性が低く、精神障害の影響が否定できない。死刑が適用されたこれまでの無差別通り魔殺人とは異なる」と述べた。

 一審に続き争点だった犯行時の精神状態については、支援団体などの適切な対処が行われた形跡がないと指摘。「精神障害の全てが自己責任とまでは言えない」として「酌むべき事情があり、死刑の選択がやむを得ないとまでは言えない」と結論付けた。

 一五年六月の一審判決は覚醒剤使用の影響による「刺せ」などの幻聴があったとした上で「無差別殺人の実現に向けた強固な殺意があった。刑事責任は極めて重大だ」と死刑が相当だとしていた。

 一、二審判決によると、一二年六月十日、大阪市中央区東心斎橋一の路上などで、東京都東久留米市の音楽プロデューサー南野信吾さん=当時(42)=と、近くの飲食店経営佐々木トシさん=同(66)=を包丁で複数回刺して殺害した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報