東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

PKO陸自隊員一時拘束 南スーダン 政府軍に5人

 防衛省は十八日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊部隊の隊員五人が十八日午前十時(日本時間同日午後四時)ごろ、首都ジュバで調達業務中、南スーダン政府軍に一時拘束されたと発表した。約一時間後に解放されて宿営地に戻り、けがはなかった。隊員は銃を携行しており、武器取り締まりをしていた兵士が、国連要員が対象外と知らず拘束した。南スーダン政府は日本側に「誤解があった」と謝罪した。

 防衛省によると、一連の活動で陸自隊員が拘束されたのは初めて。過去のPKOでも同様の事案は把握していないとしている。日本が参加する唯一のPKOで、安倍晋三首相が十日、陸自を「五月末を目途に活動を終了させる」と表明したばかりだった。

 防衛省によると、五人は日の丸付きの迷彩服姿で、ジュバ市内の宿営地から南に約一・五キロ離れた商店で衣類を購入中、武器取り締まりの尋問を受け北に約二・五キロの広場に連行された。日本大使館が政府軍と協議し解放された。大使の申し入れを受け、南スーダン政府は「一部兵士の誤解だった」と謝罪したという。銃は一時没収されたが、返却された。衣類は現地住民とのスポーツを通じた交流会用だった。

 政府は二〇一二年一月、インフラ整備に当たる部隊の南スーダン派遣を開始。一三年十二月には政府軍と反政府勢力の衝突で治安が悪化。昨年七月、ジュバで大規模な戦闘が発生した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by