東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

南スーダンに派遣の陸自、交通事故50件 民間人骨折で初公表

 防衛省は二十日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)で、陸上自衛隊の派遣部隊が絡む交通事故が、派遣が始まった二〇一二年一月以降、計約五十件に上ることを明らかにした。同日、陸自の車両と民間人のバイクが接触する事故の発生を発表したが、それ以前は公表していなかった。

 防衛省統合幕僚監部は、二十日の事故を公表した理由について「南スーダンの自衛隊活動に対する国民の関心が高いことや相手の民間人が骨折を負ったことなどに鑑みた」と説明した。そのほかの事故の詳細は明らかにしていない。

 二十日の事故は、南スーダンPKOに派遣中の陸自部隊が午前八時ごろ(日本時間午後二時ごろ)、車両で道路補修に向かう途中、現地民間人の男性のバイクと接触する事故を起こした。男性は骨折の重傷で、陸自側にけが人はなかった。

 事故現場は、ジュバ市内の陸自宿営地から北へ約五百メートルの交差点。陸自の施設隊が乗った車両が左折しようとしたところ、後方から直進してきたバイクと接触した。施設隊に同行していた自衛隊の医官が手当てをし、連絡を受けた国連憲兵が民間病院に搬送。現地で各国の派遣部隊が交通事故を起こした場合、国連が捜査することになるという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by