東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

霞ケ関CC正会員に女性 IOC要請で規則変更

写真

 二〇二〇年東京五輪のゴルフ会場となる霞ケ関カンツリー倶楽部(CC)=埼玉県川越市=は二十日、臨時理事会を開き、規則を変更して女性を正会員として認めることを決めた。男女の差別を禁じた五輪憲章に抵触すると問題視した国際オリンピック委員会(IOC)の要請に応じる形で、正会員を男性に限定していた定款の細則変更を出席理事の全会一致で議決した。

 近年は米国のオーガスタ・ナショナルGCや「ゴルフの聖地」といわれる英国のセントアンドルーズなどの伝統コースでも女性会員に門戸を開いており、霞ケ関CCの今泉博総支配人は「世界的な時代の流れを鑑み、五輪とは関係なく将来的に考えて女性に道を開くことにした」と説明した。正会員について「一定の年齢に達した男子」としていた細則を「一定の年齢に達した者」に変更した。

 今年に入り会員資格の問題が小池百合子都知事らの指摘で浮上。霞ケ関CCは二月七日の理事会で初めて意見を交換し、同十九日、二十六日、三月十一日に正会員への説明会を開いて意見を集約した。九十年近い歴史を持つ名門クラブで約千二百人の正会員からは賛否両論が出ていたが、理事の一人は「非常にスムーズな形で採決できた」と述べた。五輪で使用するコースは改修を済ませており、二十五日にお披露目の式典が予定されている。

◆小池氏「英断に敬意」

 東京都の小池百合子知事は二十日、「倶楽部の自主的なご英断に敬意を表するとともに、会員の皆様のご努力に感謝を申し上げます。ダイバーシティ(多様性)の実現を促進させることを期待するとともに、東京二〇二〇大会のレガシー(遺産)となるものと確信します」などとするコメントを出した。

◆まっとうな判断

<樋口恵子東京家政大名誉教授(女性学)の話> 「女子会」という言葉もあるように、民間企業や私的な団体であれば、性別を限定するのはあり得ることで外野が立ち入る話ではない。ただ、霞ケ関カンツリー倶楽部は東京五輪の会場として公的な性格を帯びており、話は別だ。女性正会員を認めるのはまっとうな判断だ。五輪は、平和や平等、多様性の尊重といった人類が時間をかけてたどり着いた理念をリードする存在だ。女子種目が徐々に増え、パラリンピックに注目が集まるようになったのもその表れだ。今回の決定も、そうした流れの中の小さな一歩と考えることができる。

◆選定経緯、都と食い違う説明

 女性の正会員を認めないという五輪憲章に抵触する規則を持つゴルフ場が、なぜ会場に選ばれたのか。都と霞ケ関カンツリー倶楽部の説明は食い違う。

 都によると、二〇一二年秋には霞ケ関が細則で女性を制限していることを把握。霞ケ関に対応を求め、改善したとの回答を得たと説明する。だが、霞ケ関の当時の理事は取材に「五輪に絡み、理事会で細則が問題になったことはない」と証言。木村希一理事長も「そのままでいいから貸してくれ、という話だった」と困惑を隠さない。

 五輪のゴルフ会場は都の依頼で日本ゴルフ協会が選んだ。面積や施設の内容などから霞ケ関を第一候補と決め、一三年一月には正式決定した。細則が問題視された形跡はない。有識者でつくる日本ゴルフ改革会議や小池百合子都知事の指摘で問題が表面化したのは今年一月。本紙は都に関連文書の開示を請求したが、今月十六日付の回答は「不存在」だった。

 女性制限問題は解決することになったが、霞ケ関は内陸部にあるため真夏の暑さや選手村から遠いという課題は残る。日本ゴルフ改革会議は五輪開催時期の気温を過去三年間、東京臨海部の若洲に近い観測所と比較。霞ケ関は平均最高気温が三五度を超え、若洲より四度も高かった。

 政府も昨年夏、気温や湿度などを調べた。熱中症のかかりやすさは、調査期間のいずれの日も「厳重警戒」に。うち四日間は日本生気象学会が外出しないよう呼び掛けたり、日本体育協会が運動の原則中止を促したりするランクだった。

 選手村から直線距離で四十四キロという遠さも課題。選手らは車で関越道を移動する想定だが、渋滞が発生すれば「三、四時間かかることもある」(組織委関係者)。都などは一車線を五輪関係の専用レーンにできないか検討しているが、一般車両の渋滞が起きやすくなり、物流などに影響が出る可能性もある。 (石井紀代美、唐沢裕亮)

<霞ケ関カンツリー倶楽部> 1929年開場。会場となった57年のカナダカップ(現ワールドカップ)では、日本チーム(中村寅吉、小野光一)が団体戦で優勝、個人戦も中村が制し、日本のゴルフブームのきっかけとなった。正会員は全て男性で約1250人。原則、日曜日にプレーできない週日会員と家族会員には、女性が約210人いる。20年東京五輪の競技は東コースで行われる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報