東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

シモキタの名所が今秋終幕 戦後闇市起源の「駅前食品市場」

今年秋に完全に姿を消す見通しとなった下北沢駅前食品市場=東京都世田谷区で

写真

 下北沢駅周辺(東京都世田谷区)の再開発で、「駅前食品市場」が今秋にも取り壊され更地になる見通しとなった。小劇場やライブハウスが集まる文化の発信地「シモキタ」の中心にあり、ミュージシャンや劇団員らが飲食店に通い詰めた名所が完全に姿を消す。

 市場は戦後の闇市が起源。大半の建物は解体されているが洋品店や居酒屋など五店舗が営業している。

 区などによると、地権者間の解体に向けた合意づくりが難航していたが、都収用委員会が一〜二月に土地収用法に基づく収用裁決を出したことで解体する方向に動いた。九月にも解体工事が始まり、跡地は広場として整備される。

 地元住民らは四月に市場に別れを告げるイベントを開催。市場の変遷を撮った写真を各店舗に展示し、シモキタゆかりのミュージシャンがライブを展開する。 (神野光伸、写真も)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by