東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ブラックホール撮影 世界の望遠鏡が協力 プロジェクト進行中

ブラックホールの撮影画像イメージ。中央の黒い部分がブラックホール(ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの塩川穂高研究員提供)

写真

 天の川銀河の中心にあると考えられている超巨大ブラックホールを撮影しようと世界の電波望遠鏡で一斉に観測する国際共同プロジェクトが今月一日から十四日までの日程で行われている。日本の国立天文台などが運営する南米チリのアルマ望遠鏡のほか、米国や欧州、南極の望遠鏡が参加することで、地球サイズの仮想望遠鏡を形作り、見ることが不可能とされてきたブラックホールの輪郭を浮かび上がらせる計画だ。

 観測するのは、地球が属している天の川銀河の中心にある超巨大ブラックホール。地球から二万六千光年離れており、直径は太陽の十七倍で四百万倍もの質量がある。銀河の形成にも大きな影響を及ぼしたと考えられている。これまでに周囲を回る星やガスの動きなどから存在が分かったが、重力の影響で光も吸い込まれるため真っ暗で、直接観測はできていない。

 今回は、世界の十カ所前後の電波望遠鏡を連動させて、一斉にブラックホールを観測する。こうすることで、解像度が向上して直径約一万キロの電波望遠鏡に匹敵する性能となり、月面に置いた一円玉を地球から見分けられるという。

 チームは、重力の影響でブラックホールの周囲を回転する高温のガスが発する電波を観測する計画。この結果、光や電波を出さないブラックホールが黒い穴として見える可能性がある。本間希樹(まれき)・国立天文台教授(電波天文学)は「ブラックホールや周囲の現象の解明につながる」と期待している。

 得られたデータを数カ月かけて解析して組み合わせ、早ければ夏ごろに画像を公開できる見込みだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by