東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

LGBTへの理解願い 渋谷で6回目のパレード

思い思いのファッションを身にまとい行進する参加者=7日、東京都渋谷区で

写真

 同性愛や性同一性障害などの性的少数者(LGBT)への理解を広めようと、当事者や支援者らが七日、東京・渋谷の街をパレードした。LGBTのシンボルカラーである虹色の旗を中心に、参加者は思い思いのファッションを身にまとい、笑顔で行進した。

 主催したNPO法人「東京レインボープライド」によると、渋谷区でのパレードは六回目。今年は「CHANGE−未来は変えられる−」をテーマに設定。少しずつ浸透してきたLGBTへの理解をさらに広めたいとの思いを込めた。

 LGBTだけではなく身体に障害がある人や支援団体も多数参加し、多様性のある社会への願いを訴えた。

 横浜市から参加したバイセクシュアル(両性愛)の男性(24)は「社会で少数者とされる人は、自分の存在に悩むことがあるが、大勢の前で行進することで自信につながる。沿道からの声もあり歩いていて胸が熱くなった」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by