東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ネットに「進撃の巨人」「ワンピース」 5万点以上が無断公開

 インターネットのサイトで、人気漫画や小説、雑誌など五万点以上が許可なく無料公開されていた。サイトは今月閉鎖されたが、被害に遭った出版社のうち講談社、集英社、小学館など大手六社は「規模や手軽さの点で史上最悪の海賊版サイト」として、著作権法違反容疑で刑事告訴や損害賠償請求を検討、警視庁も情報収集を進めている。

 このサイトは投稿サイトを自称する「フリーブックス」。昨年末ごろに開設されたとみられる。三日に閉鎖される直前の段階で、約五万二千点が登録されていた。漫画「進撃の巨人」や「ワンピース」各全巻や、村上春樹さんの「騎士団長殺し」などのベストセラー小説、雑誌の最新号などがあり、発売日に公開されることも多かった。

 閲覧にはユーザー登録など不要で、ネットに接続すればスマートフォンなどで無料で読めた。利用者は急増し、三月から四月にかけての一カ月間に千七百五十万回の閲覧があった。

 出版社側の調査では、運営者は不明で、サーバーはウクライナやブルガリアに置かれていた。匿名性を高めるためとみられる。サイト側は当初、出版社の削除要請に応じていたが、二月以降、サイトへの出版社からのアクセスを遮断するなど対応を拒絶した。

 本紙は四月中旬以降、運営者にメールで取材を申し込んだが応答はなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報