東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

カラオケで歌ってみた 投稿動画に削除命令

 カラオケで歌う様子を動画サイトに投稿するのはNG−。大手カラオケメーカーの第一興商(東京)が投稿者の男性を相手取った裁判で、東京地裁(長谷川浩二裁判長)が昨年十二月、動画の削除を命じる判決を言い渡していたことが分かった。

 動画投稿サイト「ユーチューブ」などには人気アーティストの楽曲をカラオケで歌う動画が「歌ってみた」といったタイトルで多数投稿されているが、知らないうちにカラオケメーカー側の権利を侵害している恐れがありそうだ。

 著作物の創作者本人でなくても、著作物の伝達に重要な役割を果たすレコード製作者や放送事業者などには「著作隣接権」が認められている。

 男性はカラオケ店で人気女性グループの新曲を歌う自分の様子を撮影し、昨年九月、ユーチューブで公開した。この行為について判決は、カラオケ用の音源を作成した第一興商の著作隣接権を侵害したと認め、すでに確定した。

 第一興商の弁護士によると年間約十二万件の削除要請をしているが、投稿者が応じず、提訴した初のケースだった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報