東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

大卒就職率97.6% 2年連続で過去最高を更新 人手不足で採用活発

写真

 今春、大学を卒業し、就職を希望した人の四月一日時点の就職率は昨年比0・3ポイント増の97・6%となり、統計を始めた一九九七年春卒から過去最高を更新した。厚生労働省と文部科学省が十九日、発表した。六年連続の上昇となり、二年連続の記録更新となる。

 就職を希望する全ての高校生が対象となる文科省の調査でも就職率(三月末)は98・0%(昨年比0・3ポイント増)で七年連続の増加となった。景気回復に伴う人手不足を背景に、企業の活発な採用意欲が反映された。

 厚労省の担当者は「早い時期からの積極的な就職活動が高い就職率につながった。大卒者の求人倍率は依然高く、この傾向が続くのではないか」と話している。一方、大学生のうち約九千九百人が就職できなかったと推定されることから、企業に既卒者も新卒者と同様に扱うよう求めている。

 大学生の調査は、国公立大二十四校と私立大三十八校を抽出し、学生を面接するなどして調査。主に正社員などとして就職した人の割合は、男子が96・9%(0・2ポイント増)、女子が98・4%(0・4ポイント増)。理系が98・7%と文系を1・4ポイント上回った。

 大学生にとって有利な「売り手市場」が続く中、就職希望者が占める割合も六年連続で上昇。一七年は74・7%と過去最高を記録した。

 地域別では、関東地区の98・8%が最も高かった。

 高校生では、卒業生百七万五千三百人のうち十九万二千人が就職を希望。十八万八千二百人が就職した。富山県で就職率100%を達成するなど北陸三県(富山、石川、福井)が上位を占め、沖縄県の89・5%が最も低かった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by