東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「加計学園文書 確認できず」 文科相、調査打ち切る考え

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が系列大学の獣医学部を国家戦略特区に新設する計画を巡る記録文書について、松野博一文部科学相は十九日、「省内調査の結果、文書の存在は確認できなかった」と発表した。担当職員個人がパソコンなどに保存する文書は調べていないが、「調査は尽くした」として打ち切る考えを示した。

 松野氏によると、聞き取り対象は大学を所管する高等教育局長や専門教育課長など七人。文書を作成したり、他の職員と共有したりしていないか確認したほか、職員が共有する電子文書のフォルダーも調べた。

 調査を担当した義本博司総括審議官は、獣医学部の新設が「総理のご意向だ」などと記されている点について、「職員に記憶がない」と否定。また、文書に実名で登場する北村直人・元自民党衆院議員が、本紙の取材に文書の記載内容を「ほぼ事実だ」と認めたが、義本氏は「職員が作成したものではないと確認した」と述べた。

 個人のパソコンのファイルを調べないことについては、「確認する必要がない。共有した行政文書だったかどうかを主眼にした調査だ」と説明した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by