東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

叡王戦昇格 8大タイトルに

 日本将棋連盟とドワンゴは二十日、一般棋戦の叡王(えいおう)戦がタイトル戦に昇格すると発表した。新たにタイトル戦が加わるのは一九八三年の王座戦以来三十四年ぶりで、将棋界は過去最多の八大タイトル戦(竜王戦、名人戦、叡王戦、王位戦、王座戦、棋王戦、王将戦、棋聖戦)となった。

 叡王戦は、プロ棋士とコンピューターソフトが戦う電王戦への出場棋士を決める公式棋戦として二〇一五年に発足。電王戦が今大会限りとなることから、叡王戦はタイトル戦として再スタートを切ることになった。全棋士、女流棋士一人、アマチュア一人が参加。決勝七番勝負は来年三〜五月に実施され、初代叡王が決まる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報