東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

佐藤名人ソフトに連敗 1勝もできず 将棋電王戦が幕

将棋の第2期電王戦の最終第2局で、コンピューターソフト「PONANZA」と対局する佐藤天彦名人=20日午後、兵庫県姫路市の姫路城で

写真

 将棋プロ棋士の佐藤天彦名人(29)とコンピューターソフト「PONANZA」の二番勝負、第二期電王戦の第二局は二十日、兵庫県姫路市の姫路城で行われ、九十四手で佐藤名人が敗れた。第一局でタイトル保持者としてソフトに初めて負けたのに続き、佐藤名人が二連敗を喫し、最も権威のある名人でもソフトに一勝もできず、大会を終えた。

 プロ棋士とソフトが戦う電王戦は今大会で最後となり、全対戦成績はソフトが十四勝五敗一引き分けと大きく勝ち越した。主催するドワンゴの川上量生(のぶお)会長は大会前の会見で「人間とコンピューターが真剣勝負を続けてきたが、役割を終えた」と話していた。

 囲碁では三月、六冠を保持する井山裕太碁聖(27)がソフトに敗れており、これまでプロ同士が名勝負を披露してきた日本の伝統文化でも、コンピューターの実力が人間を上回る形となった。

 対局は持ち時間各五時間で、佐藤名人の先手番。中盤以降、じわじわとリードを奪われ、その後もソフトの正確な指し回しに押し切られた。

 佐藤名人は昨年の名人戦で、第一人者の羽生善治三冠(46)を破り、初タイトルを獲得した。PONANZAはプロに負けなしの七連勝と、最強ソフトの呼び声が高い。

 電王戦は二〇一二年に始まり、引退棋士の故米長邦雄永世棋聖がソフトに敗北。翌年から三大会は五対五の団体戦となった。一五年の大会ではプロがソフトの弱点を突く作戦が奏功し、三勝二敗と初めてプロ側が勝ち越しに成功した。

 一六年から個人戦に戻り、実力者の山崎隆之八段(36)がPONANZAに二連敗した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報