東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

渋谷駅東口で鉄骨落下 解体作業中、搬送者なし

JR渋谷駅東口の再開発工事エリアで、鉄骨1本が崩れて落下、一部は通路部分に突き出した=18日午後5時38分

写真

 十八日午後四時五十分ごろ、東京都渋谷区のJR渋谷駅東口の再開発工事エリアで、鉄骨が崩れて落下したと一一〇番があった。警視庁渋谷署によると、部品が当たるなどした人が少なくとも三人いたが、搬送者はいなかった。解体作業中の足場が崩れたといい、同署が原因を調べている。

 渋谷署と施工した東急建設によると、落下したのは部材を仮置きする足場を支える大型の鉄骨一本で地上約六メートルにあり、重さ約十五トン、長さ約十二メートル、幅約二メートル。下請け業者が足場の解体作業をしていた。駅から複合施設「渋谷ヒカリエ」方面につながる一般通路と、工事現場をさえぎるフェンスに引っ掛かって止まったという。

 東急建設の説明では、現場は渋谷駅東口バスロータリー付近の再開発エリア。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報