東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

在日24年のパキスタン男性 難民不認定もカナダが永住権

パキスタン人男性との写真を手に思い出を話す横山綾子さん=名古屋市瑞穂区で

写真

 日本で難民と認められず、在留資格も得られなかったパキスタン国籍の男性(55)が今年四月、第三国のカナダから永住権を付与されていたことが分かった。日本の在留資格がないのに、第三国で永住権が認められるのは異例。男性の代理人の弁護士は「カナダは男性を事実上の難民だと認め、人道的配慮をしたのではないか」と評価する一方、日本の厳しい認定基準を批判する。

 男性はパキスタンでは少数派のキリスト教徒で、多数派のイスラム教徒からの迫害を恐れ、一九九三年に来日した。母親はほぼ同時期にカナダに逃れ、申請後間もなく難民認定された。男性もカナダへの移住を希望したが、日本の在留資格が得られないまま二〇〇四年ごろに不法滞在で逮捕され、名古屋入国管理局に収容された。

 その後、入管に難民認定を申請したが不認定に。さらに名古屋地裁に提訴したが認められず、名古屋高裁や最高裁でも覆らなかった。さらに二度の難民認定や在留資格の申請も認められなかった。

 最終的に、母親の難民認定手続きを行ったカナダの弁護士が同国政府と交渉。昨年八月、男性にも永住権の取得が許可された。男性には日本の在留資格はなかったため、国外への強制退去処分として今年三月にカナダに出国した。

 男性の代理人で名古屋難民弁護団事務局長の川口直也弁護士によると、日本以外の国から永住権が認められて出国した事案は、少なくとも一四年に三件あるが、いずれも日本での在留資格者だったという。

 川口弁護士は「在留資格がない人間に、他国が永住権取得を認めるケースは聞いたことがない」とした上で、「日本はカナダと同じ難民条約に加盟しているのに、これほどの差があるのはおかしい」と批判した。

◆開かぬ扉 支援者憤り

 「つらい思いをさせられた。日本は嫌いだ」

 カナダから永住権を得て離日したパキスタン人男性は、二十日の「世界難民の日」を前に、今月十四日、男性を長年支援してきた名古屋市の会議通訳、横山綾子さん(77)に国際電話で吐き捨てるように言った。

 「彼が最後まで日本語を勉強しなかったのは、日本への反発心からだと思う」。横山さんは悲しそうに口をつぐんだ。

 横山さんによると、男性は来日後、今年までの二十四年間、ビザがないため正規に働けず、愛知県内の知人の元やキリスト教会に身を寄せていたが、暮らしはいつも不安定だった。

 横山さんは九四年、通訳として参加した外国人対象の弁護士相談会で男性と知り合った。母国でイスラム教徒の女性との結婚を許されず逮捕されたこと、母親のいるカナダへの亡命がかなわないこと…。男性は涙ながらに苦境を語った。

 男性が不法滞在で逮捕され強制送還寸前になった際には、一時的に身柄拘束が解かれる仮放免に必要な、日本人の身元保証人を引き受けた。

 男性がカナダへ行くには日本で在留資格を取得するか、難民認定されるほかなかったが、国も司法も門戸を開いてくれなかった。先が見えない中、横山さんは弁護士やキリスト教関係者とともに支援を続け、難民申請を繰り返した。

 「グッドニュース!」。昨年秋、男性が弾んだ声で電話してきた。カナダの弁護士が申請していた永住権をカナダ政府が認めたとの知らせ。横山さんは信じられない思いと同時に、日本の対応に改めて怒りが込み上げた。「日本の難民政策は意地悪で厳しすぎる」

 強制送還としてカナダに出国した男性。出発の日、男性の乗った飛行機が空のかなたに消えるまで、横山さんは空港のデッキで見送った。 (天田優里)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by