東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新不妊治療で5人誕生 ミトコンドリアを卵子に注入

写真

 体外受精の際に母親本人の細胞内にあるミトコンドリアを卵子に注入する新たな手法で、四人の女性から五人の健康な子どもが生まれたと、大阪市の不妊治療クリニックが二十一日、発表した。カナダや欧州では二百例を超す実施例があり、三十人以上出生しているが、国内で子どもが生まれたのは初めて。妊娠率を高める効果があるとしているが、安全性や有効性は確かめられておらず、専門家からは疑問の声が上がっている。

 実施したのは「HORACグランフロント大阪クリニック」。治療は、卵巣から取り出した組織からエネルギーを作り出す役割のあるミトコンドリアを採取し、精子とともに卵子に注入した。森本義晴院長は「ミトコンドリアの注入で受精卵の質が上がり、妊娠率が向上した。効果が出るメカニズムは分かっていない」と話している。二十七〜四十六歳の三十三人の女性から組織を採取。うち二十一人が受精卵を子宮に戻し、今年二〜六月に妊娠時に二十七〜三十六歳だった四人が一組の双子を含む計五人の子どもを出産した。出産時のトラブルはなく健康という。生まれた子の健康状態を五歳まで追跡し、安全性を確認する。費用は一人につき約百七十万円。

 この治療は米企業が開発。二〇一五年十二月に日本産科婦人科学会から臨床研究としての承認を得て、同クリニックで治療が行われた。しかし、米食品医薬品局(FDA)は実施を認めていない。

 埼玉医大の石原理(おさむ)教授(産婦人科)は「この治療が出産につながった根拠は何もない。加齢とともに増える卵子の核の異常は、ミトコンドリアで改善できないはずだ」と話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by