東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

池袋暴走死傷に懲役5年判決 「発作恐れ 医師として認識」

 二〇一五年八月、東京・池袋で乗用車を運転中に、てんかん発作を起こし、車を暴走させ人を死傷させたとして自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪に問われた医師金子庄一郎被告(55)に、東京地裁は二十七日、懲役五年(求刑懲役八年)の判決を言い渡した。家令(かれい)和典裁判長は「発作が起きる危険性を認識していた」と危険運転致死傷罪の成立を認めた。

 弁護側は公判で「被告はてんかん発作を抑える薬を飲んでおり、発作の兆候はなかった」として危険運転には当たらないと主張していた。

 これに対し、判決は「処方通り飲んでいても、疲れなどで発作が起きることを認識していた。事故当日は数時間にわたり百四十七キロを走行しており、疲労が蓄積していたことに加え、発作の前兆も感じていた」と指摘した上で「精神科医として知識があるのに運転を続けた。危険性を軽視しており、厳しい非難は免れない」と述べた。

 判決によると、一五年八月十六日、池袋駅東口の地下駐車場を出る際、てんかんの発作で意識障害に陥り歩道上を暴走。次々に歩行者をはね、東京都板橋区の薬剤師江幡淑子さん=当時(41)=を死亡させたほか、四人に重軽傷を負わせた。

 江幡さんの遺族は判決後「被告は判決を素直に受け入れ、猛省することを心から願う」とのコメントを出した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報