東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「ウィーンバレエ」夫婦でトップ 木本さん、第1ソリストに

木本全優さん=中田バレエシアター提供・共同

写真

 オーストリアのウィーン国立歌劇場の公式サイトで、ウィーン国立バレエ団所属のダンサー木本全優(まさゆう)さん(29)=兵庫県姫路市出身=の第一ソリストへの昇格が、一日までに発表された。妻の橋本清香さん(32)=神戸市出身=も昨年、日本人で初めて同バレエ団の第一ソリストに昇格しており、日本人の夫婦でトップのダンサーを務める。

 第一ソリストは同バレエ団のダンサー最高位。木本さんは二〇一三年に日本人男性で初めて、第一ソリストに次ぐ地位のソリストになっていた。

 木本さんは共同通信に「本当にびっくりしている。うれしいと同時に、責任も感じる」とのコメントを寄せた。

 木本さんを三歳から指導してきた中田バレエシアター(姫路市)の中田弥生さん(57)によると、ウィーンで六月二十九日に行われた公演「ヌレエフ・ガラ」の後に、木本さんの昇格が発表された。

 木本さんは中田バレエシアターやパリの国立高等音楽院で学んだ後、ドイツ・ドレスデンの歌劇場を経て、〇八年にウィーン国立バレエ団に入団した。

 同バレエ団は、世界的な人気を誇るフランス人ダンサーのマニュエル・ルグリさんが芸術監督を務める。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報