東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

盧溝橋事件80年で国会前集会呼び掛け 七夕に不戦誓おう

7月7日夜に国会前で開く集会の予告チラシ

写真

 七夕の夜、国会前に集まって不戦を誓おう−。最近結成されたグループ「日中戦争80年市民フォーラム」がそう呼びかけている。七月七日夜は八十年前、日中全面戦争の発端となった盧溝橋(ろこうきょう)事件が起きた。「アンチ中国、韓国、北朝鮮の政治家発言や報道がまかり通り、『戦前』が人ごとではなくなった。侵略の歴史や加害責任と向き合い直す場にしたい」と訴える。 (辻渕智之)

 七日は参院議員会館前で午後七時、国会正門前で同八時に集まり、旧日本軍が悲惨な被害をもたらしたアジア太平洋地域の人々に向けてメッセージを発する。八日午後三時からも正門前で集まる。正門前からほど近い三宅坂には八十年前、参謀本部や陸軍省があった。「侵略軍の中枢だった場所で集まる意味もある」という。

 メンバーは首都圏に住む有志で一月から学習会を重ねてきた。六月にも十五人が参加し、講師を務める市民団体「田園調布九条の会」の酒井正嘉(まさよし)さん(88)=東京都大田区=が「当時、小学校の校長先生が朝礼で『言うことを聞かない乱暴な支那(中国)をたたいていさめるんだ』と話した」と述懐。「共謀罪」法の成立も念頭に「最近、天皇機関説事件のころに似てきた。余計なことは言わないほうがいい。そんな雰囲気が出てきた」と語った。

 天皇機関説事件は一九三五年、天皇を国家の一機関とみなした憲法学者・美濃部達吉の学説が軍や右翼から排撃された。

 今回の集会のチラシは、盧溝橋事件の年「1937」と今年「2017」を大書し、当時と今に共通する空気を表現した。グループのパート社員植松青児(せいじ)さん(56)=東京都国立市=は「従来の平和運動でも、中国全面侵略を始めた日付の七月七日は軽視されてきた。原爆投下日の八月六日にノーモアヒロシマを誓うように『ノーモア7・7』を誓いませんか」と呼びかける。

 問い合わせは植松さん=電090(2647)3722=へ。

<盧溝橋事件> 1937年7月7日夜、日本軍が北京郊外の盧溝橋近くで演習中に銃撃されたとして、中国軍を攻撃した。戦線は中国各地に拡大、日中の全面戦争に突入した。中国では「七七事変」と呼ばれる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by