東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

自首の女を3度帰す 「夫殺した」妄想と思い込み

 警視庁は六日、さいたま市の五十代の女が六月に「旦那を殺した」と交番や警察署に自首してきたにもかかわらず、対応した警察官らが妄想と思い込み、事実確認をせずに帰していたと発表した。その後、同市内のマンションで夫(70)が遺体で見つかり、埼玉県警が女を逮捕した。

 死体遺棄容疑で逮捕されたのは、同市浦和区の無職、和久井絹子容疑者(53)=死体遺棄の罪で起訴。警視庁刑事総務課によると、六月九日正午ごろ、北区の赤羽署管内の交番を訪れて自首を告げた。しかし言動や説明に一貫性がなかったため、対応した警察官OBの交番相談員は署に行くよう伝えた。

 約三十分後、同被告は署に自首してきたが、警務課などの署員は十分な事実確認をせずに帰した。同被告は十日未明にも再び同じ交番を訪問。この際も対応した交番勤務の警察官は妄想と思い込み、帰したという。

 同被告は十一日に、北区の病院で「主人が自宅で亡くなった」と話した。病院からの一一〇番を警視庁が埼玉県警に転送し、県警がさいたま市内の自宅マンションを調べたところ、夫の遺体が見つかり、事件が発覚した。

 警視庁の上原智明・刑事総務課長は六日、「指導を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by