東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

猛暑の日本列島 気をつけて 館林で最高の36.5度

厳しい暑さの中、公園で水遊びする子どもたち=8日午後、東京都江戸川区で

写真

 日本列島は八日、広範囲で高気圧に覆われ各地で気温が上昇した。最も暑かった群馬県館林市と岐阜県多治見市で三六・五度を記録するなど、全国二十五地点で最高気温が三五度以上の猛暑日となった。三〇度以上の真夏日の地点も五百七十カ所を超えた。

 気象庁によると、特に北海道から東海地方で気温が上がり、愛知県豊田市で三五・九度、福島県伊達市で三五・八度となった。北海道でも帯広市や池田町で三五・五度まで上昇し、今年最高となった。

 気象庁は九日も全国的に気温が高くなる見込みとして、水分をこまめに取るなど熱中症に注意するよう呼び掛けている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報