東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

祖父母ら3人刺され死亡 孫逮捕「攻撃誰でも」 神戸

南部さん夫婦が倒れているのが見つかった民家(上)と、付近を調べる捜査員ら=16日午前、神戸市で

写真

 十六日午前六時半すぎ、神戸市北区有野町有野、無職南部達夫さん(83)方で、南部さんが刃物で刺されるなどして倒れているのが見つかり、間もなく死亡した。妻観雪さん(83)が室内で、近所の無職辻やゑ子さん(79)も自宅で死亡しており、兵庫県警は、包丁を持っていたとして銃刀法違反の疑いで、近くの神社にいた南部さんの孫の無職竹島叶実(かなみ)容疑者(26)を現行犯逮捕した。容疑者の母親ら、けが人二人も見つかった。

 自宅で家族を襲い、路上に出て辻さんらを死傷させたとみられ、捜査一課は南部さんに対する殺人容疑で、竹島容疑者を十七日にも再逮捕する方針。竹島容疑者は「誰でもいいから攻撃しよう、刺してやろうと自宅の包丁を持っていた」と供述。血のようなものが付いた包丁や金属バットを持っていた。

 県警は有馬署に捜査本部を設置。けが人は、竹島容疑者の母親のパート竹島知子さん(52)と、近くに住む無職前北操さん(65)。知子さんは現場で警察官に「息子にやられた」と話しており、南部さんと竹島容疑者がもみ合っているのを目撃し、止めに入ろうとして暴行されたという。

 南部さん方は夫婦と知子さん、竹島容疑者の四人暮らし。

 南部さんは同六時二十分ごろ、自ら「誰か来てくれ」と一一〇番しており、警察官が駆け付けると、玄関先で首や胸に刺し傷がある状態で倒れていた。観雪さんは背中を刺され、室内で見つかった。それぞれ刺し傷が数カ所あった。辻さんは同七時ごろ、自宅駐車場で見つかり、首に刺し傷や切り傷があった。

 知子さんは路上で全身に打撲を負った状態で見つかり、バットで殴打されたとみられる。

 逮捕容疑は同六時半ごろ、自宅近くの神社前駐車場で、刃渡り約十六センチの包丁を持っていたとされる。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by