東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

4000万円強盗で高校生ら3人逮捕 銀座で強奪容疑

 東京・銀座の「すずらん通り」の路上で今年四月、自営業の男性(45)が四千万円を奪われた事件で、警視庁は三十一日、強盗の疑いで、千葉県に住む県立高校二年生の少年(16)ら男三人を逮捕した。

 他の二人は、いずれも職業不詳の小笠原興人(おきと)(20)=府中市是政一、倉田祐太(23)=八王子市暁町一=の両容疑者。捜査一課によると、少年は「間違いない」と容疑を認め、小笠原容疑者は「分からない」、倉田容疑者は「今は話せない」と供述している。小笠原、倉田両容疑者は元暴走族の仲間。少年は小笠原容疑者が「金になるアルバイトがある」と誘った。少年は事件当日、校外学習で都内を訪れ、自由時間中に抜け出して合流していた。

 男性は現場近くで金塊十五キロを貴金属業者に売った直後に襲われており、一課は三人が男性を狙った経緯を調べている。

 逮捕容疑では四月二十一日午後一時半ごろ、中央区銀座五のすずらん通りで、杉並区の自営業男性に後ろから体当たりして転ばせ、七千二百五十万円が入ったバッグを奪ったとされる。直後に一部を落とし、四千万円を持ち去った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by