東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

iPSから血小板量産 献血頼らず輸血 18年にも治験

写真

 ベンチャー企業「メガカリオン」(京都市)は七日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から輸血用の血小板を作り、量産できる製法を、製薬企業などとのコンソーシアム(共同体)により確立したと発表した。

 人での安全性や効果を確かめる臨床試験(治験)を日米で二〇一八〜一九年ごろ実施予定。再生医療等製品として厚生労働省へ申請し、二〇年の製造販売承認を目指す。

 血小板は血液成分の一つで、事故のけがの止血や手術時の輸血などに使われる。献血で集められるが、保存期間が短く慢性的に不足し安定供給が課題となっている。

 メガカリオンは京都大などから提供を受けたiPS細胞から、血小板のもととなる細胞を作って凍結保存し、解凍して培養し、止血作用がある血小板に変化させる。

 同社は京大の研究者らが設立。共同体には製薬大手・大塚ホールディングス(東京)の子会社や検査機器大手シスメックス(神戸市)などが参画し、血小板の保存や各種分析、品質確保などに当たる。

 メガカリオンによると、血小板は現在、日本で年間約八十万パック(大半は一パック二百ミリリットル)が使われている。新しい製法では年間約十万パックを用意でき、少子高齢化による献血の不足分を補える可能性があるという。献血と違い、ウイルスや病原体の混入リスクも低い。

<iPS細胞の応用> 体のさまざまな細胞に変化するiPS細胞の性質を生かし、理化学研究所が2014年、目の網膜の細胞を作って「加齢黄斑変性」の患者に移植する世界初の臨床研究を実施した。他にも神経の細胞を作ってパーキンソン病や脊髄損傷を治療したり、シート状の心筋細胞を重症心不全患者に移植して治療したりする計画がある。輸血用の血小板の作製もこうした再生医療応用の一例として研究されてきた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by