東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

基地いらない 思いは一緒 東京でも反対集会

辺野古新基地反対を訴えデモ行進する参加者ら=12日午後、東京都豊島区で

写真

 東京・池袋でも十二日、辺野古移設に抗議する集会が行われた。東池袋中央公園に主催者発表で約八百人が集まり、「辺野古の埋め立て、今すぐやめろ」「基地はいらない、暴力やめろ」とシュプレヒコールを繰り返した。

 「沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック」などでつくる実行委員会が主催。同ブロック運営委員の青木初子さんはあいさつで、オーストラリア沖のオスプレイ墜落事故に言及。「その後も沖縄でなんら変わらず訓練が行われている。政府に抗議しよう」と怒りを込めて訴えた。

 集会に参加した沖縄出身で埼玉県川口市在住の長谷部洋子さん(61)は「基地が今も集中する沖縄では、まだ戦争は終わっていない。人権が無視されている。沖縄の大会には駆け付けられなくても、思いは一緒だ」と話した。参加者らは集会後、池袋の繁華街をデモ行進した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報