東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

すこやかにキュートに 上野動物園 名前公募に反響も

 東京・上野動物園(台東区)のジャイアントパンダの雌の赤ちゃんは十二日、誕生から二カ月を迎えた。わずか一五〇グラム程度だった体重は二キロを超え、すくすく成長。名前には多くの応募が寄せられており、関心は高い。同園の担当者は「今後も元気に育つよう、万全の態勢で見守っていきたい」と話す。

 赤ちゃんは六月十二日午前に誕生。同十四日の身体検査では体重一四七グラム、体長一四・三センチだった。性別が雌と判明した同二十二日の検査では、体重はほぼ倍の二八三・九グラム、体長は一七・六センチになり、白色と黒色がはっきりするように。生後一カ月には体重一一四七・八グラム、体長二九・五センチと成長し、八月一日には体重が二キロを超えた。最初は閉じていた目も八月に入ってはっきり開き、寝返りを打つことも。母親のシンシン(十二歳)も一日中世話をするなど、母子ともに元気に過ごしているという。

 生後百日を迎える九月下旬に、赤ちゃんの名前が決まる予定だ。同園は七月末からインターネットや園内に設置した応募箱などで募集したが、九日までにネットだけで二十三万件を超える応募があった。母子そろっての公開時期も気になるが、一九八八年に生まれた雄のユウユウは約半年後に公開されており、今回も母子の様子を見ながら半年後をめどに公開を検討する。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by