東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

慰霊登山 続けたい 日航機墜落32年

日航機墜落事故から32年。ろうそくをともし、手を合わせて追悼する遺族ら=12日午後、群馬県上野村で(市川和宏撮影)

写真

 乗客乗員五百二十人が亡くなった一九八五年の日航ジャンボ機墜落事故から十二日で三十二年となり、遺族らが墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹(おすたか)の尾根」に慰霊登山し、犠牲者を悼んだ。夕には麓にある「慰霊の園」で追悼慰霊式が営まれ、日航幹部らも含む二百六十人が墜落時刻の午後六時五十六分に合わせて黙とう。犠牲者と同じ数のろうそくに灯がともされた。

 遺族にとって三十三回忌の節目の年。久しぶりに尾根を訪れる人や、今後も登山を続けると決意を新たにする人がいた。高齢化が進んで体力の不安を抱える遺族も多く、つえを頼りに歩く姿が見られた。

 遺族らは午前十時半ごろから墜落地点に建てられた「昇魂之碑」の前で黙とう。「安全の鐘」を鳴らして事故の再発防止を祈願した。

 副操縦士だった叔父佐々木祐さんを亡くした熊本県八代市の医師佐々木雅人さん(57)は三十三回忌に合わせ、約三十年ぶりに登った。「『来るのが遅くなりました』と墓標に語り掛けた。これだけ多くの人が亡くなった航空事故を風化させたくない」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報