東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

カワウソ、対馬で撮影 琉球大チーム 国内38年ぶり

長崎県・対馬で2月に赤外線カメラで撮影されたカワウソ=琉球大動物生態学研究室提供

写真

 長崎県・対馬でカワウソ一匹の映像を撮影したと、琉球大の伊沢雅子教授らのチームが十七日、発表した。カワウソは世界に十種以上おり、撮影されたのがかつて国内に広く生息し、絶滅したとされるニホンカワウソか別の種か、判別できていない。国内で生きた野生のカワウソの確実な目撃は三十八年前が最後だった。

 環境省は、その後の現地調査でふんが見つかり、DNA分析の結果、ユーラシアカワウソ二匹のものである可能性があると公表した。一匹は韓国やロシア・サハリン由来とみられ、さらに調べる。

 チームは環境省で記者会見し「撮影されたのは成獣の大きさで、栄養状態は良く健康と考えられる」と明らかにした。対馬で見つかった理由は(1)ニホンカワウソが絶滅せず生き残った(2)ユーラシアカワウソが約五十キロ離れた韓国から海を渡った(3)人が関係して入った−の三つの可能性を挙げ「餌付けせずに見守り、情報があれば提供してほしい」と呼び掛けた。

写真

 映像はチームがツシマヤマネコの調査で設けた自動撮影装置が二月に捉えた。専門家が動画からカワウソと確認したが、種を特定できなかった。

 報告を受けた環境省は七月に緊急調査し、動物のふんや毛を採取。ふんの分析では、カワウソは雄と雌一匹ずつとみられる。雄は韓国やサハリン由来の可能性があるが、雌の個体はよく分からなかったという。

 ニホンカワウソは明治時代ごろまで全国に分布し対馬にも江戸時代に生息していたという記録があるという。生きた姿は一九七九年に高知県須崎市で目撃されたのが最後とされていた。

<佐々木浩・筑紫女学園大教授(動物生態学)の話> 国内での確認はうれしいが、どのような経緯で来た個体か特定できず、さらに現地調査が必要だ。過去に北海道で死骸が見つかったが、飼育された個体だったとされる。一方、韓国ではユーラシアカワウソが20キロほど離れた離島に生息し、本土と遺伝的交流があると報告されている。約50キロ離れた対馬にも、海流に乗れば到達する可能性があるのではないか。地元は温かく見守り、情報を提供してもらえれば研究が深まるだろう。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報