東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

罰でランニング、重体 都立支援校の高1 熱中症

 東京都教育委員会は二十五日、知的障害特別支援学校「都立永福学園」(杉並区)で高等部一年の男子生徒(15)がバスケットボール部の活動中、熱中症で意識不明の重体になったと発表した。顧問の教員が、指示した時間内に走れなかった罰として科した追加のランニング中に倒れたという。

 生徒の意識は回復しておらず、都教委は「長時間のランニングは体罰に当たり、不適切な指導だった」としている。

 都教委によると、生徒には軽度の知的障害がある。二十一日午後、顧問の男性教員(31)が生徒ら七人に校舎の外周約四百五十メートルを一分二十五秒以内で走り、それを超えた秒数分、罰として外周を走るよう指示。全員が罰を受け、生徒は二分八秒だったため四十三周(約十九キロ)走ることになったが、二十一周走ったところで体調不良になり、練習を終えた。二十三日午後に残り二十二周を走っている途中、自転車置き場付近でうずくまっているところを他の教員が見つけ、熱中症による脱水症状で救急搬送された。

 当時、杉並区の気温は三二度で、二周ごとに休憩と水分を取るようにしていたという。

 顧問は、二十五日に試合を控えた生徒らの意欲向上のために外周を走るよう指示したといい、都教委の調査に「高いハードルを乗り越えるとの目的だった。深く反省している」などと話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報