東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

9条改憲阻止へ連帯呼び掛け 「市民アクション」中野で始動

大勢の人が集まった「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」のキックオフ集会=8日午後、東京都中野区で(隈崎稔樹撮影)

写真

 安倍政権による憲法九条改憲を阻止しようと、さまざまな市民団体が集結した「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」のキックオフ集会が八日、東京都中野区の「なかのZERO」で開かれた。約千五百人(主催者発表)が参加し、立ち見や会場外のロビーで訴えを聞く人もいた。

 発起人の一人で経済学者の浜矩子(のりこ)同志社大教授は「安倍政権は、(改憲反対へ)広範な連帯が起きるのを恐れている。一緒に声を上げよう」と呼び掛けた。

 市民アクションは、五月に安倍晋三首相が自衛隊を憲法に明記し二〇二〇年の施行を目指すと表明したのに対して、臨済宗相国寺派管長の有馬頼底(らいてい)さんや作家の沢地久枝さんらが呼び掛け、結成。来年五月三日までに三千万人分の署名を集め、改憲案を国会提出させないことを目指す。

 十一月三日には国会周辺で大規模集会も予定している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by