東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

施設元職員の女も逮捕 知的障害者重傷 傷害容疑、一部否認

 宇都宮市の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」で四月、入所者の男性(28)が腰の骨を折るなどの重傷を負った事件で、栃木県警は十三日、男性に暴行してけがを負わせたとして傷害の疑いで、運営法人「瑞宝会(ずいほうかい)」職員で当時、同施設に勤務していた松本亜希子容疑者(25)=同市石井町=を逮捕した。

 県警は十一日に傷害の疑いで、同施設で作業に当たっていた栃木県那須町湯本、無職佐藤大希容疑者(22)を逮捕している。

 県警によると、佐藤容疑者は軽度の知的障害があり、現在は関連施設に入所している。瑞宝会によると、当時は自立支援の一環で職員の補助などをしていた。

 また、施設内の防犯カメラの録画記録から事件前後の映像が消えていたことも施設関係者への取材で判明。県警は、誰かが意図的に削除した疑いもあるとみている。

 瑞宝会によると、建物内にはカメラを五カ所設置。映像の記録機器は施錠された部屋にあったが、職員なら誰でも鍵で開けられる状態だった。

 二人の逮捕容疑は四月十五日、共謀して「ビ・ブライト」内で、男性の腰などを代わる代わる数回蹴るなどし、全治半年の傷害を負わせたとされる。県警によると、松本容疑者は「蹴ってはいない」と一部否認し、佐藤容疑者は容疑を認めている。

 松本容疑者は事件後に転勤し、現在は佐藤容疑者が入所する関連施設に勤務。一時所在が分からなくなっていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by