東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

夏休み明け、学校の悩み相談を 16日に実施

 夏休み明けの学校生活に悩んでいませんか−。

 いじめや不登校、体罰などの問題に取り組む「学校事件・事故被害者全国弁護団」が、16日に16都道府県で一斉の電話相談を実施する。通話料はかかるが相談は無料。実施しない府県からの相談も受け付ける。

 同弁護団は、いじめや体罰など学校で起こる問題の被害者らを、主に法的な観点から支援しようと、2013年に結成。25都道府県の弁護士約100人が会員となっている。「休み明けが一番しんどいという子や、保護者は少なくない」と、この時期に電話相談を受け、必要に応じて近隣の弁護士を紹介する。電話相談の番号は同弁護団のウェブサイト(http://gakkou-jikenjiko.link)に掲載。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報