東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「渾」身の命名 可能に 法務省が人名用漢字追加

写真

 法務省は25日、人名用漢字に「渾身(こんしん)」の「渾」の1字を追加し、計863字とする改正戸籍法施行規則を施行した。子どもの名前に「渾」を使った出生届を自治体に受理されなかった親が、家庭裁判所に不服の申し立てをした結果、受理を命じる判断が確定したため。司法判断を受けた追加は2015年の「巫女(みこ)」の「巫」以来。

 戸籍法は「子の名には、常用平易な文字を用いなければならない」と規定。使えるのは平仮名と片仮名、常用漢字(2136字)と施行規則で定める人名用漢字だけだ。

 人名用漢字は、漢字の使用状況などを受けて見直しており、04年9月には法制審議会の審議を経て、「林檎(りんご)」の「檎」などのほか、異体字も含め693字を追加している。今回のように親が裁判で漢字使用を認めるよう求めることもあり、勝訴確定で「巫」「穹(きゅう)」などが追加されたケースもある。

 法務省によると、昨年9月に関東地方で生まれた子どもの親は、「渾」の字を使った出生届が受理されず、いったん「未定」として提出した後、家裁に不服の申し立てをした。家裁は今年1月、「社会通念上明らかに常用平易な文字だ」として受理を命じ、自治体側が東京高裁に即時抗告。高裁も5月16日、家裁の判断を維持し、確定した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報