東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

長沢副復興相が議員辞職 女性問題謝罪「軽率だった」

議員辞職した公明党の長沢広明参院議員=26日、東京・永田町で

写真

 公明党参院議員の長沢広明復興副大臣(59)=比例代表=は二十六日、議員宿舎に知人女性を宿泊させたことを巡って、伊達忠一参院議長宛てに議員辞職願を提出し、許可された。長沢氏は副大臣も辞任する意向だ。公明党は同日の常任役員会で長沢氏の離党を了承した。クリーンなイメージを重視する党は衆院解散・総選挙を前に影響を懸念し、早期の火消しを図った。

 山口那津男代表は記者会見し、週刊誌から党や長沢氏に取材の申し入れがあったとした上で、井上義久幹事長が事情を聴取したところ、長沢氏が「軽率だった」として女性の宿泊や鍵の貸与を認めたと説明した。山口氏は「議員宿舎に原則として第三者を宿泊させてはならず、党としても看過できない。衆院選への影響は最小限にとどめたい」と強調した。

 別の幹部は「支援者を裏切ってしまった。謝るしかない」と語った。

 長沢氏も国会内で会見し「このような形で復興(副大臣)の職を離れることは、甚だ遺憾だ。福島県民の皆さまに申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と謝罪した。議員辞職などの判断に関して「この大事な時期に、政府や党に多大な迷惑を掛けてしまう」と述べた。

 長沢氏は公明新聞副部長などを経て二〇〇三年衆院選で初当選。一〇年には参院議員に転じ、二期目の一六年八月から復興副大臣を務め、今年八月の内閣改造で留任となった。

 復興庁では、当時内閣府・復興政務官だった務台俊介氏が被災地視察の際、長靴を持参しなかったことへの対応を巡る不適切発言で三月に辞任した。四月には、復興相だった今村雅弘氏が東日本大震災を「まだ東北で良かった」と発言して辞任した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報