東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新東名 最高速度110キロへ 11月から試験運用

 警察庁は二十八日、新東名高速道路の新静岡インターチェンジ(IC)−森掛川ICの上下約五十キロについて、十一月一日から最高速度を試験的に百十キロへ引き上げると発表した。東北自動車道の花巻南IC−盛岡南ICでも引き上げる方針で、岩手県警などが開始時期を検討している。

 百キロ超に最高速度が引き上げられるのは、専門家らによる研究委員会の提言を受けた措置で、国内最初の高速道路である名神高速が開通した一九六三年以降で初。

 警察庁の担当者は「少なくとも一年間は試行を続け、交通事故や実勢速度の変化を分析する。その上でほかの路線や区間の引き上げを検討する」と話している。

 ただし、大型貨物車については、八十キロ規制のまま据え置かれており、一部の規制区間では片側三車線あるうちの左端の第一通行帯を走行しなければならない。追い越しをするときなどは、中央の第二通行帯へ出ることが認められる。

 雪や大雨などの気象条件によっては、百十キロ以下への速度規制も実施する。引き上げ区間の終了地点には、最高速度が百キロであることを示す標識を設置し、ドライバーに注意を促す。

 警察庁などは、実際の高速道路では多くの車が百キロ以上で走っている現状などを踏まえ、大学の専門家を含めた研究委員会で、最高速度の引き上げについて議論していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報