東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

千葉・神奈川で大雨 横浜で110番「人が流されている」

 前線を伴った低気圧が接近した影響で、関東甲信の南部では二十八日朝、非常に激しい雨が降った。千葉県の三市町ではレーダーによる解析で一時間に約一〇〇ミリの降雨があったとして、気象庁は記録的短時間大雨情報を出した。横浜市では二十〜三十代の男性が川に流されたとみられ、神奈川県警が捜索している。

 気象庁によると、記録的短時間大雨情報が出たのは千葉県富津市、いすみ市、大多喜町。大多喜町と神奈川県三浦市では、一時間雨量の観測史上一位を更新した。低気圧に向かって湿った空気が流れ込んだため、本州の広い範囲で大気の状態が非常に不安定になっていた。

 千葉県ではいすみ市や君津市が一部地区に避難指示を、市原市や鴨川市などが避難勧告を出した。富津市や大多喜町では国道に土砂が流入して通行止めとなった。

 神奈川県警によると、二十八日午前七時四十分ごろ、横浜市泉区の境川で「人が流されている」と一一〇番があった。当時は大雨で増水していたという。同市では一部に避難勧告が出て、三浦市では冠水した道路に取り残された車を消防が救助した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報