東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

急転、混迷の号砲 民進が希望に合流へ

 野党再編の激流が止まらない中、事実上の選挙戦がスタートした。衆院が解散された二十八日、急転直下の新党合流を決めた民進党の前職議員らは、期待と不安の中で「政権交代を目指してやるしかない」と気持ちを新たに戦いを見据えた。各党の出馬予定者は、劇的な展開に危機感や困惑を見せながらも、急いで選挙区に戻り、街頭で支持を訴えた。 

 「いったん党籍を離れてしまうと、その後どうなるのか」「支持者への説明はどうすればいいのか」

 二十八日午後一時半から東京・永田町の民進党本部で開かれた両院議員総会。「離党して希望の党に公認申請をする」という前原誠司代表の説明に、立候補予定者らから不安の声が相次いだという。

 総会には百人を超す報道陣が殺到。冒頭の前原代表のあいさつ後は非公開に。出席者によると、提案そのものへの強い反対はなかったが、ある参院議員から「こちらから頭を下げて公認してくださいとお願いするのはおかしい」との指摘もあったという。

 総会後、出席者からは「安倍一強を倒す劇薬だ」との声があった一方で、小池百合子知事が安全保障政策などへの考え方によって候補者にするかどうかを判断する意向を示しているため、「希望に公認されない人が出るのではないか」といった不安も漏れた。

 リベラル派で愛知3区から出馬予定の近藤昭一さんは「唐突だが、二大政党の一方の大きな勢力をつくるためだ。国民主権を無視して立憲主義を壊している安倍政権を止めることが大事」と強調した。

 社民党出身で神奈川12区から出馬予定の阿部知子さんは「いきなり希望の党で政権を倒しますというだけで支持者に納得してもらえるかな。納得してもらえなければ、無所属で戦う」と話した。 (清水祐樹、中沢誠、原昌志)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報