東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

民進リベラル、希望不信 露骨な選別に反発

 「新たな独裁はいらない」−。小池百合子東京都知事率いる新党「希望の党」への不参加を表明したリベラル系民進党出身者から、「小池批判」が相次いでいる。安保法制への賛成などを条件に公認を「選別」する方針に反発が強まっている。 (布施谷航、今村太郎、荘加卓嗣)

 「憲法や安保法制で踏み絵を迫るのは、小池さんは度量が狭い。参加しない」。神奈川12区で出馬を予定している党副代表の阿部知子さんは三十日、JR藤沢駅前で街頭演説に立ち、対立姿勢をあらわにした。

 阿部さんは社民党出身。護憲の立場を一貫して主張し、野党共闘にも積極的に関わってきた。希望への合流方針が決まった直後は、迷いを見せていたが、この日の演説では「安倍首相に代わる新しい独裁はいらない」と小池氏を批判した。

 演説後、本紙などの取材に「民進を丸ごと受け入れない以上、合流の話はご破算にするべきだ。(与党に対抗する)戦術はまだある」と話し、リベラル系の議員による新党結成を模索する動きにも触れた。

 「筋を曲げてまで合流することは考えていない」。愛知5区から立候補を予定する、旧社会党出身の元衆院副議長、赤松広隆さんは同日、名古屋市内で記者団の取材に語った。

 どんな立場で衆院選に臨むかは迷いがある。無所属では比例に立候補できない上、政見放送も行えないなど、選挙戦では不利になる。「無所属の方が戦いやすいが、比例で仲間を惜敗率で救うためには、新党を考えた方が良いと思う」

 党内グループ「リベラルの会」代表世話人で党副代表の近藤昭一さん(愛知3区)も当初、合流の方針に一定の理解を示していたが、露骨な選別方針を示す希望側の動きを懸念し、この日、本紙の取材に「対応は検討中だ」と話し、慎重な姿勢に転じた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報