東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

東京、大阪 候補すみ分け 3知事会見 希望と維新が合意

 東京、大阪、愛知の三都府県知事は三十日、衆院選を前に大阪市内で記者会見し、衆院選での連携を表明、共通の政策を発表した。「希望の党」代表の小池百合子都知事と「日本維新の会」代表の松井一郎府知事は、衆院選で候補者をすみ分ける。希望は大阪で、維新は東京で、それぞれ小選挙区に候補者を立てない。

 愛知県の大村秀章知事は両党を応援する姿勢を示した。

 しがらみのない政治、身を切る改革、真の地方自治の推進−を掲げ、共通政策で、地方自治を定めた憲法第八章の改正や、脱原発に取り組む姿勢を示した。三人とも衆院選への立候補は否定した。

 連携の背景には、消費税増税に否定的な点など政策に一致点が多く、競合より得策だと判断したことがある。

 小池氏は大阪府の特別顧問や愛知県の政策顧問を都の顧問に就任させ、改革手法を参考にしてきた。連携は小池氏が二人に声をかけたという。

 小池氏は「アベノミクスが行き詰まりを見せる中、地域で改革を進めなければならない」と、政権との対決姿勢を鮮明にした。 (木原育子、柚木まり)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報