東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

野球部ボール盗 男2人逮捕 関東など9300個被害

押収された野球ボールとバット=2日午前、宇都宮東署で

写真

 埼玉、栃木、群馬など関東五県や福島県の高校野球部でボールや金属バットなどが大量に盗まれた事件で、埼玉県警などは二日、窃盗と建造物侵入の疑いで、ともに水戸市の無職大崎晋太朗容疑者(20)と、土木作業員の男=当時(19)=を逮捕した。

 逮捕容疑では、七月二十八日夜から二十九日朝までの間、埼玉県久喜市の県立鷲宮高校野球部の倉庫に侵入し、金属バット十二本と硬式ボール百二十個(時価計二十二万四千円相当)を盗んだとされる。県警は認否を明らかにしていない。

 県警によると、九月中旬に水戸市の別の少年(19)が水戸署に出頭し、盗品と知りながら盗まれたバット二本を転売したとして、盗品等有償処分あっせん容疑で逮捕された。少年は二人と中学の同級生で、野球部に所属していた。盗まれたバットの一部は茨城県内のリサイクルショップで見つかっており、県警は大崎容疑者らが転売目的で盗みを繰り返していたとみている。

 六県では七月上旬〜八月中旬、高校二十校の野球部の倉庫などからボール約九千三百個、金属バット三十一本、グラブ六個などが盗まれた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報