東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

英の男3人を国際手配へ 2年前、渋谷で宝石強奪容疑

 東京都渋谷区の高級宝石店で二〇一五年十一月、貴金属約一億六百万円相当が奪われた事件で、警視庁組織犯罪対策二課が近く、強盗致傷容疑で英国籍の男三人の逮捕状を取る方針を固めたことが、捜査関係者への取材で分かった。三人は事件後に出国しており、同課は国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配する。

 捜査関係者によると、防犯カメラの映像などから三人を特定した。組対二課は国際的なグループのメンバーとみて捜査している。

 事件は、一五年十一月二十日午後八時十分ごろ発生。渋谷区の商業施設「表参道ヒルズ」にある「ハリー・ウィンストン」に男三人が客を装うなどして押し入り、男性警備員を殴った後、ショーケースを壊して指輪やペンダントなど貴金属計四十六点を奪った。

 店は営業中だったが、売り場には警備員二人だけで客はいなかった。男三人は紺色の野球帽や白のマスク姿で、黒のリュックを持っていた。ケースはハンマーのようなもので割られていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報