東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

暴行の証拠、捨てた疑い 栃木障害者重傷 県警OBら3人逮捕

県警OBら3人が逮捕された瑞宝会の本部が入る建物=4日、宇都宮市で

写真

 宇都宮市の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」で四月、入所者の男性(28)に暴行したとして運営法人「瑞宝会(ずいほうかい)」の職員ら男女二人が傷害容疑で逮捕された事件で、栃木県警は四日、事件に関する内部調査の資料を捨てたとして証拠隠滅の疑いで、同会職員で県警OBの手塚通(とおる)容疑者(69)=宇都宮市陽南二=ら三人を逮捕した。

 他の逮捕者は県警OBの斎藤博之容疑者(58)=栃木県大田原市末広三=と、暴行事件当時に施設長を務めていた斎藤健輔容疑者(56)=宇都宮市南大通り二。

 逮捕容疑は、四月十五日にあった暴行事件の証拠と認められる文書を、同十八日ごろに廃棄した疑い。県警は三人の認否を明らかにしていない。県警によると、OBの二人はいずれも警部補で退職した後、瑞宝会に再就職していた。

 事件では、入所していた男性の腰を蹴るなどして重傷を負わせたとして同施設に勤務していた松本亜希子被告(25)=宇都宮市=と、職員の補助をしていた無職佐藤大希(だいき)被告(22)=栃木県那須町=が逮捕され、傷害罪で起訴された。

 施設では防犯カメラの録画記録から事件前後の映像が消えており、県警は、意図的に削除された疑いもあるとみて調べている。

 手塚容疑者は、暴行事件を受け施設側が九月十一日に記者会見した際に出席し、消えた映像について「古い機械だったので故障していたのではないか。意図的に消したということはあり得ない」などと話していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報