東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

11年前の殺人で男逮捕へ 川崎、通り魔事件で服役中

黒沼由理さんが殺害されたトンネル内の現場には花が供えられていた=8日、川崎市宮前区で

写真

 川崎市宮前区の高架下トンネルで二〇〇六年、近所のアルバイト黒沼由理さん=当時(27)=が帰宅途中に殺害された事件で、神奈川県警は、別の通り魔事件で実刑判決を受けて服役中の男(37)による犯行との見方を強め、殺人の疑いで逮捕状を取ったことが、捜査関係者への取材で分かった。近く男を逮捕する方針。

 事件は〇六年九月二十三日午前零時五分ごろ、同区梶ケ谷のJR梶ケ谷貨物ターミナル駅の高架下を通る市道トンネルで、血を流して倒れている黒沼さんを、通り掛かった男性会社員が発見。黒沼さんは胸と腹を刺され死亡した。

 服役中の男は当時、川崎市高津区に居住。〇七年四月、黒沼さんの事件の現場から約一・五キロ離れた宮前区野川の路上で、女性の背中を刃物で刺して重傷を負わせたとして逮捕された。犯行を否認し続けたが、〇九年八月に殺人未遂罪で懲役十年の実刑が確定した。

 捜査関係者によると、男は昨年一月、収監先の栃木県の刑務所から、黒沼さんの事件への関与をほのめかすはがきを県警の捜査員に送った。

 捜査員が刑務所で面会し、任意で複数回にわたり事情を聴いたところ、犯行を認めたという。

 男は黒沼さんを見掛けて襲った経緯や凶器などについて詳しく説明する一方、供述にはあいまいな点もあり、県警は慎重に裏付け捜査を続けてきた。男の供述と黒沼さんの傷の状況に矛盾がないことなどから、逮捕に踏み切ることを決めたとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報