東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

男児45時間ぶり保護 伊東で不明 足立の4歳、頭部骨折

写真

 静岡県伊東市の天城高原の別荘地で七日から行方不明になっていた東京都足立区の美容師福見悠さん(33)の長男で保育園児の怜輝(れんき)ちゃん(4つ)が九日午前八時五十分ごろ、伊東市内の雑木林で約四十五時間ぶりに発見、保護された。伊東署によると、頭部骨折の重傷を負っている上、顔などに擦り傷があり衰弱しているが、命に別条はない。

 地元消防によると、保護された場所は行方不明となった別荘地から北東に約五百メートル離れていた。

 福見さんは「捜索してくれた方に感謝している。『生きていてくれてありがとう』と声を掛けたい」と話した。

 捜索中の県警機動隊員が、雑木林の中を流れる沢の斜面で、体育座りをしている怜輝ちゃんを見つけた。福見さんによると、救助した機動隊員らに背負われた怜輝ちゃんは、おびえた様子で顔は泥だらけだった。「怜輝、パパだよ」と声を掛けるとうなずき、渡されたスポーツ飲料やチョコレートを口にしたという。

 署によると、怜輝ちゃんは七日、家族や母親の友人家族らと別荘地内にある保養所を訪れていた。同日正午ごろ、敷地内で遊んでいた他の子どもたち数人とリコーダーの取り合いになり、大人が目を離した隙に行方が分からなくなった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報