東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

18歳女子高生、期日前一番乗り 大阪

期日前投票に一番乗りした府立千里青雲高3年の中川夏希さん=11日午前6時33分、大阪府箕面市で

写真

 衆院選の期日前投票が十一日始まり、全国で最も早い午前六時半に開場した大阪府箕面市の投票所「平尾会館」では、府立千里青雲高三年の中川夏希さん(18)が制服姿で一番乗りした。選挙権年齢が「十八歳以上」に引き下げられて初めての総選挙に、思いを託して一票を投じた。

 人生初の投票を終えた中川さんは「手続きが煩雑だと思ったけど、手軽にできた」と笑顔。投開票日の二十二日は模試があるため、期日前にすることを決めたといい「せっかくなら一番に投票しようと思った」と語った。

 普段からニュースや国会中継を見ながら父親と政治について会話しており、この日は北朝鮮の核・ミサイル問題など国際情勢を踏まえ、政党や候補者の外交政策を基準に投票したという。

 前回二〇一四年の総選挙は、期日前投票ができる時間は原則午前八時半から午後八時までだった。昨年四月に公選法が改正され、自治体の裁量で最大二時間の前倒しと延長が可能になり、同七月の参院選でも適用された。

 箕面市は、利便性を高めて投票率アップにつなげるため、昨年の参院選から阪急箕面駅近くの平尾会館に限り、期日前投票の開始時間を二時間前倒ししている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報